TOKYO 働き方改革宣言企業

保険業
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
http://www.sjnk.co.jp/


常用労働者数:1001人以上

最もお客さまに支持される保険会社を目指し、 多様な人材のもつ能力を最大限に発揮できるよう 「ワークスタイルイノベーション」として、働き方の変革に取り組みます。

▶宣言書を見る

※奨励金を活用しないで宣言を行いました。

経営者・人事担当者のインタビュー

何のために働き方改革があるのか?

人事部 企画グループ 特命課長

井上 直樹

新会社となり、多様な人材が活躍できるよう「ワークスタイルイ ノベーション」と名付け2015年より改革を行っています。その道 のりは決して平坦ではありませんでしたが、制度を利用した社員 から好評を得ることができています。「働き方改革」という言葉 をよく耳にするようになりましたが、取組の実効性を高めていく ためには、そもそも「何のため」に改革を行うのか、クリアなビジ ョンを持つことが大切です。「生産性の向上」、そして「社員の健 康」という目的を達成するための制度整備を進めているところで す。当社はチャレンジのできる企業であり、固定観念にとらわれ ず、さまざまなチャレンジを経た方たちとお会いしたいですね。 どんなことをやってきたか?という内容よりそこで何を得たか? 経験したことをどう生かしていくかが大切だと考えています。

取組内容
働き方の改善 ・部門や職場の特性、個人のワークスタイルに応じてテレワークやシ フトワークの制度を積極的に活用し、生産性の向上を目指す。
・「時間あたりの生産性」を高めるための具体策を各職場で設定し ワークスタイルイノベーションチャレンジメニューとして取り組む。
休み方の改善 ・年次有給休暇について、特別連続休暇(年間5日)および指定休暇 (年間4日)の取得を徹底
・上記の休暇とは別に年間5日間の年次有給休暇の取得計画を定め、取得を推進。

時間と場所に制約されない テレワークという働き方

9パターンのシフトがあるシフト勤務制 度によって、育児や介護、海外とのやり とりが必要な社員たちの柔軟な働き方 を後押ししています。また在宅勤務を含 むテレワークでは、テレワークにより、 子育てとの両立を可能にしています。

年間14日有給休暇取得必須の制度。

従来の有給休暇に加え、年間5日の特別連続休暇と 年間4日の指定休暇制度の取得を徹底。さらに、2015 年度より5日間の有給休暇の取得を推進。計14日間 の年間有給休暇取得義務化を進めています。取得に ついては消化が当り前の風土にするべく、マネー ジャーの評価制度にも取得推進が盛り込まれました。

変革は2015年度から 取り組んでいます。

本店自動車保険金サービス部 2009年入社

郷 智子

働き方の改革は、仕事そのものを革新するプロセスです。業務を 改善し「時間」「効率」を意識することで、生産性の向上に繋がり ます。「テレワーク」や「シフトワーク」に全員でトライした結果、 集中した時間で高い成果を出せました。その背景にはいろいろ なことにチャレンジする当社の風土もあると思います。チャレン ジを後押ししてくれる尊敬できる仲間が集まっているんです。